ミャンマーレポートその1

11月 28th, 2013 | Posted by miacis in Whatsnew

ミャンマー出張を経て観て感じて食べてをレポート

ミャンマーベース情報
・日本との時差は-02時間30分
・人口は約6300万人
・首都ネピドー
・人口の一番多い多い都市はヤンゴン
・携帯所有者率8%強内半数以上がスマートフォン(見聞きしたデータより)
・主な宗教は仏教
・通貨はKyats(チャット:ks)
・平均月収は170,000ks~220,000ks(日本円で17,000~22,000円)
・共働きが多く世帯収入が30万ksの世帯が特に不自由なく生活できるクラス
・タクシーは一日貸切で日本円で5,000円程度(ガソリン車の場合)

ミャンマー人の名前について
ファミリーネームやミドルネームは無くファーストネームのみ
名前の頭文字でその人が何曜日生まれかが分かる。
(この理由はパゴタに行くと分かります。)

車事情

ヤンゴン市内の交差点

走っている車のほとんどが日本車
しかも皆きれいで新しい。これには正直驚きました。街中をタクシーの助手席に座って走っていると右側通行という点を除けば日本かと思うくらいに日本の街中を走行している車と年式も綺麗さも変わらずしかも日本車だらけ。
現地価格は日本での3倍~5倍もするが、ミャンマーでは先祖代々財産を受け継いできており、それらの財産で月収数十年分に値する高価な車を買っている。
これだけ高価な車でも必要性やステータス面でも需要も多くヤンゴンのダウンタウンに向かう道路は常に渋滞になっている程車の所有者数が激増している。

パゴタ・仏舎利塔

ヤンゴン・パゴタ

この敷地内に入るには入口で裸足にならなければならない。
その甲斐もあって大理石が敷き詰められた施設内はとても綺麗で敬虔な仏教徒を始めデートスポットにもなっている。夜にはライトアップされ幻想的な雰囲気を醸し出す。
仏舎利塔を時計回りに周回する様設計されており、自分が生まれた曜日の前でお祈りをささげそして曜日ごとに用意された神様と動物などに水をかけて自分を清めるといった習わしがある、ここへ行く前に是非自分が生まれた曜日を調べてから足を運んで欲しい。
因みに私は月曜日生まれで動物はタイガーだった。

つづく・・・

 

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Responses are currently closed, but you can trackback.