数の単位

9月 13th, 2015 | Posted by miacis in Whatsnew

一、十、百、千、万、億、兆・・・とみなさんはどこまで数え方を覚えていますか?恐らくスパーコンピューターで有名になった「京」まではわかる人も多いと思います。という私は子供頃にそろばん塾に通っていたのですがその教室に書かれていた「無量大数」というところまでは暗記して覚えていて実は成人になり宇宙の数式を勉強し始めるまではこれが日本の数字単位の上限と思っていました。恥ずかしい。

実は日本語で表記できる最大数は1の後ろに「0」が37218383881977644441306597687849648128個もつくのです。

あ〜数え切れない。とお思いでしょう、0の数を数えるためにも「京」以上の単位の知識が必要です。

この読み方は

37澗2183溝8388穣1977秭6444垓4130京6597兆6878億4964万8128です。

といってもピンと来ませんね。私もです。では一覧に記載します。

 
 
 
 
 
 
 
(けい)
(がい)
(じょ)
(じょう)
(こう)
(かん)
(せい)
(さい)
(ごく)
恒河沙 (ごうがしゃ)
阿僧祇 (あそうぎ)
那由他 (なゆた)
不可思議 (ふかしぎ)
無量大数 (むりょうたいすう)
洛叉 (らくしゃ)
倶胝 (くてい)
阿ゆ多 (あゆた)
那由他 (なゆた)
頻波羅 (びんばら)
矜羯羅 (こんがら)
阿伽羅 (あから)
最勝 (さいしょう)
摩婆羅 (まばら)
阿婆羅 (あばら)
多婆羅 (たばら)
界分 (かいぶん)
普摩 (ふま)
禰摩 (ねま)
阿婆詹 (あばけん)
弥伽婆 (みかば)
毘ら伽 (びらか)
毘伽婆 (びかば)
僧羯邏摩 (そうがらま)
毘薩羅 (びさら)
毘贍婆 (びせんば)
毘盛伽 (びじょうが)
毘素陀 (びすだ)
毘婆訶 (びばか)
毘薄底 (びばてい)
毘きゃ擔 (びきゃたん)
称量 (しょうりょう)
一持 (いちじ)
異路 (いろ)
顛倒 (てんどう)
三末耶 (さんまや)
毘睹羅 (びとら)
奚婆羅 (けいばら)
伺察 (しさつ)
周広 (しゅうこう)
高出 (こうしゅつ)
最妙 (さいみょう)
泥羅婆 (ないらば)
訶理婆 (かりば)
一動 (いちどう)
訶理蒲 (かりぼ)
訶理三 (かりさん)
奚魯伽 (けいろか)
達ら歩陀 (たつらほだ)
訶魯那 (かろな)
摩魯陀 (まろだ)
懺慕陀 (ざんぼだ)
えらい陀 (えいらだ)
摩魯摩 (まろま)
調伏 (ちょうぶく)
離きょう慢 (りきょうまん)
不動 (ふどう)
極量 (ごくりょう)
阿麼怛羅 (あまたら)
勃麼怛羅 (ぼまたら)
伽麼怛羅 (がまたら)
那麼怛羅 (なまたら)
奚麼怛羅 (けいまたら)
べい麼怛羅 (べいまたら)
鉢羅麼怛羅 (はらまたら)
尸婆麼怛羅 (しばまたら)
翳羅 (えいら)
薜羅 (べいら)
諦羅 (たいら)
偈羅 (げら)
歩羅 (そほら)
泥羅 (ないら)
計羅 (けいら)
細羅 (さいら)
睥羅 (へいら)
謎羅 (めいら)
娑ら荼 (しゃらだ)
謎魯陀 (めいろだ)
契魯陀 (けいろだ)
摩睹羅 (まとら)
娑母羅 (しゃもら)
阿野娑 (あやしゃ)
迦麼羅 (かまら)
摩伽婆 (まかば)
阿怛羅 (あたら)
醯魯耶 (けいろや)
薜魯婆 (べいろば)
羯羅波 (からは)
訶婆婆 (かばば)
毘婆羅 (びばら)
那婆羅 (なばら)
摩ら羅 (まらら)
娑婆羅 (しゃばら)
迷ら普 (めいらふ)
者麼羅 (しゃまら)
駄麼羅 (だまら)
鉢ら麼陀 (はらまだ)
毘迦摩 (びかま)
烏波跋多 (うはばた)
演説 (えんぜつ)
無尽 (むじん)
出生 (しゅっしょう)
無我 (むが)
阿畔多 (あばんた)
青蓮華 (しょうれんげ)
鉢頭摩 (はどま)
僧祇 (そうぎ)
(しゅ)
(し)
阿僧祇 (あそうぎ)
阿僧祇転 (あそうぎてん)
無量 (むりょう)
無量転 (むりょうてん)
無辺 (むへん)
無辺転 (むへんてん)
無等 (むとう)
無等転 (むとうてん)
不可数 (ふかすう)
不可数転 (ふかすうてん)
不可称 (ふかしょう)
不可称転 (ふかしょうてん)
不可思 (ふかし)
不可思転 (ふかしてん)
不可量 (ふかりょう)
不可量転 (ふかりょうてん)
不可説 (ふかせつ)
不可説転 (ふかせつてん)
不可説不可説 (ふかせつふかせつ)
不可説不可説転 (ふかせつふかせつてん)

多くのサイトで「無量大数」が最大値としていますが実はこんなにその先があるのですね。さすがにこれは覚えていません。

世界での最大単位は?というと「グラハム数(Graham's number) 」というのがそれにあたります。
一日中「0」を書き続けても書ききれません。
こんな数字無限大としちゃえばいいのにと思うほどですが、無限大と実数は全く異なりますから生まれたのでしょうが、こんな単位をよくもまあ考えたな〜、余程暇だったのかな〜?と思ってしまいますね。

 

 

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Responses are currently closed, but you can trackback.