vsFTPd インストール

11月 20th, 2011 | Posted by miacis in サーバー関連 - (7 Comments)

SSH公開錠設定編 ] [ LAMP環境構築編 ] [ PHP/MySQLアップデート ] [ webminインストール ]
phpMyAdminインストール ] [ vsFTPdインストール ] [ ssh接続ポート変更 ]

■vsFTPd インストール
せっかくwebminを入れたのでwebminからインストールしてみます。

VsftpdをWebminで管理するためのモジュールをインストールします。

①[Webmin]→[Webmin 設定]→[Webmin モジュール]。

②[サードパーティ製モジュール]の◎ラジオボタンにチェック。
[…]をクリックし、「vsftpd」を選択。

③自動的にURLがテキストボックスに入力されるので、
そのまま[インストール]ボタンからインストールを開始。

次にVsftpdのモジュールをインストール

①[システム]→[ソフトウェア パッケージ]→[Package from YUM]の左側の◎ラジオボタンをチェック。

②右側のテキストボックスに「vsftpd」と入力するか、[Browse YUM ..]でvsftpdを検索し、選択。

③「インストール」ボタンからインストールを実行

初期設定

①[Vsftpd]の画面を開き、[Start Vsftpd Server]をクリックしてVsftpdを起動しておく。

②設定ファイルの位置がずれているためにまだ英文のエラーが出たままなので、
英文中の[Module Configuration.]をクリック。
以下の2か所を修正する。

[The path and filename to vsftpd.conf]
* 変更前:[/etc/vsftpd.conf]→変更後:[/etc/vsftpd/vsftpd.conf]。
[Path where the virtual user will be stored]
* 変更前:[/etc/vsftpd/vsftpd_user_conf]→変更後:[/etc/vsftpd/user_list]。

最後に /etc/vsftpd/vsftpd.conf を編集します。
———————
anonymous_enable=NO (anonymousを受け付けない)
ascii_upload_enable=YES (アスキーを許可)
ascii_download_enable=YES (アスキーを許可)
chroot_local_user=YES (ユーザーの上位ディレクトリへのアクセスを制限)
text_userdb_names=YES (ユーザーログイン時に数字ではなくユーザー名を表示)

●vsFTPdで所有者名表示
上記で「text_userdb_names=YES」としても500などと所有者が表示されたための処置

/etc/passwd および /etc/group
の2ファイルをユーザーのルートディレクトリへ/etc/を作りその中へ
対象ユーザー以外の記述を削除してコピー

vsFTPdの再起動
# /etc/init.d/vsftpd restart

これで所有者にユーザー名が表示されました。

SSH公開錠設定編 ] [ LAMP環境構築編 ] [ PHP/MySQLアップデート ] [ webminインストール ]
phpMyAdminインストール ] [ vsFTPdインストール ] [ ssh接続ポート変更 ]